Royal Revolt2 虎の巻

Royal Revolt2 の攻略 Aslan777同盟のお話

同盟戦 『正面衝突』の回 開幕


AM0:00より 同盟戦が開幕しました。
期間は5日間 1試合の持ち時間は23時間半。領土の持ち数は互いに3枚ずつ。
相手の領土に宣戦布告をして試合をして勝ったらその領土が自分の同盟の領土になります。 領土数を競い 1位から3位までの入賞者はシーズン報酬の戦勝ブースト
が次の同盟戦が始まるまで付きます。
シーズン条件は今回は・試合で獲得できるXPが200%UP・スカルボーナス10%UP
(スカルとは競い合う得点・スカルポイントのことです)戦闘回数は5回です。
戦士をつけますと10回多く戦えます。
同盟試合中の期間に延長することができる特別シーズンブーストは『氷結した尖塔』と『恩絵を与える狼』です。


では実際どのように操作するのかパネルをのぞいてみましょう。
リーダーや将軍の同盟戦はこのように表示をされます。


0:07くらいでエンブレムの上に月桂樹と⚔️をつけた今回の戦士になってくれた方が見れますね。そして戦士を決定する黄色のパネルが灰色になっています。
隣の青い盾のパネルをつけるとそれ以後は攻撃されても獲得されるスカルポイントは半分になります。 戦士も盾も最高8枚ずつ。つけるたびに寄付庫から寄付金が倍額近く加算されていきます。
49番のAslanKralは 戦士が付いていないのに灰色になっています。
これはこの選手は同盟戦が始まった後に同盟に参加した選手、ペナルティがついて現在戦えません。2d12h・2日半試合には出場できません。
試合が終わるごとに負けたチームへのスカルボーナスプールのスカルポイントが加算されます。点数を稼いで負ければ負けるほど同盟全体のスカルボーナスポイントは増えていき
強力なポイントボーナスをつけての反撃の可能性が高まってくるわけですね^^
1:45から同盟戦で稼いだ点数ごとに振り込まれる報酬の映像があります。

Royal Revolt 2 同盟戦の説明


さて、それでは私がプレイをしてみましょう。
赤枠で囲まれた領土が現在のAslan777の試合中の領土です。
緑の矢印がAslan777の宣戦布告した対戦同盟の領土を指し示したもの。
赤の矢印が対戦同盟が宣戦布告したAslan777の領土になります。


まずDravhen Welt ドイツ同盟の対戦相手のメンバーから選んで5戦します。
点数の高い順から3人ベスト3を決めますと残りの加算は同盟のスカルポイントボーナス分だけの加算になります。 
Kaplanの今回 ドイツ戦で獲得した点数はこのように決められます。
トップ3のバトル結果のポイント 3944スカルポイント
+10%ボーナス(同盟のスカルポイントボーナス)すべてのバトルで1058ポイント


戦ったバトル数5/5 総合結果 5002ポイントとなりました。



Royal Revolt 2 同盟戦
ドイツチームの領土の背景色が『北国』でしたので宣戦布告したAslan777にとって
 試合中の背景は『北国』です
Aslan777の領土の背景色は『高原の牧場』でしたのでGeorgiaにとっては
『高原の牧場』の中のAslan777との試合になっているでしょう。
そしてAslan777がGeorgiaを迎え撃つ応戦では Georgiaの今回の領土の背景
『薄気味悪い森』が彼らとの試合の背景になります。



Royal Revolt 2 Aslan777 同盟戦の説明 正面衝突
同盟戦中で他同盟が解放したPhoebeに会うのはAslan777にとっては
今回が最初です。私は迷わず 城門脇に塔が少ないメンバーを選ばせてもらっています。